大学に入っている本屋で適当に文庫を買いました.
図書カードが1000円分,3ヶ月前くらいから余っていて,それを使い切りたかったのです.

で,適当に文庫を2冊見繕って買いました.

そのうちの1冊は額賀澪先生の屋上のウインドノーツでした.

ざっくり書くと,人付き合いが苦手で,友だちがいない(所謂コミュ障ぼっち)女の子が,先輩から誘われて吹奏楽部に入り変わっていく話です.

私は吹奏楽には無縁で,何に惹かれて買ったのかは自分でも謎です.

で,暇な時間に読んでいたのですが,これが結構当たりでした.

先輩の誘い文句とか.
失敗にトラウマを抱えて,悔恨に捕らわれて葛藤する姿とか.
グッとくるものがありました.

で,読んでる途中にTwitterにつぶやいたんですが.
  


額賀澪先生からリツイされました.

この激薄い内容の感想を?
何故?
私だったら絶対にこんなのリツイしない.

まあ意味なんて無いんでしょうが,かなり驚きました.

今はもう全部読み切りましたが,総じて面白かったです.
感想文は苦手で,またこのツイートみたいな薄い感想を書きそうなので,この辺でやめることにします.

では.